北村りゅうたのブログ

kitamurajcp.exblog.jp
ブログトップ

(写真)宮本徹衆院議員、原のり子都議会議員と駅頭宣伝

9月15日に東久留米駅西口にて宮本徹衆院議員、原のり子都議とともに駅頭宣伝を行いました。
市が議会で強行しようとしている公立保育園全廃計画としんかわ保育園の廃園条例を撤回するよう訴えました。
b0372433_23035345.jpg

[PR]
# by kitamuraryuta | 2018-09-18 23:05 | 活動日誌

市議補選は北村りゅうたへ 市長選は桜木よしおさんへ

 17日告示で始まった市議補選・市長選挙が、いよいよ明日24日投開票を迎えます。私、北村りゅうたは市議から都議になった原のり子さんの議席を受け継ぎ、市民の声を市政に反映させるため日本共産党より立候補しています。市長候補の桜木よしおさんとともに、市民の声を聞かない現市政を転換して市民のための市政を創っていきます。そして桜木よしおさんの「憲法をくらしに活かす」という想いに共感し、平和なまちづくりを進めていきます。

 市議補選は候補者が3人いますが、市長候補である桜木よしおさんの市政を支える候補は北村りゅうただけです。市政を変えるため、市長選挙は桜木よしおさんへ、桜木市政を支える一票は北村りゅうたにお寄せくださいますようお願いします。

 市政3つの争点

私は市政の問題として3つの争点をこの市議補選で訴えています。

① 公立保育園全廃計画の撤回
現市長が突然打ち出した東久留米の公立保育園を全廃するという計画の中止を求めます。

② 家庭ごみ有料化の見直し
市民の声を無視して始まった家庭ごみの有料化を見直し、指定収集袋の価格の引き下げをします。

③ コミュニティバスの早期実現
買い物にも通院にも不便な地域を解消するため、コミュニティバスの実現を目指します。

 これらの争点を実現させるため、北村りゅうたを何としても市議会で働かせてください。皆様の一票で市政を変えましょう。市長には桜木よしおさんを、市議には北村りゅうたを、皆様の大きなご支援・ご支持で送り出していただけますよう心よりお願い申し上げます。

b0372433_23463783.jpg
b0372433_23365491.jpg

b0372433_23402094.jpg
b0372433_23384676.jpg
b0372433_23431793.jpg


[PR]
# by kitamuraryuta | 2017-12-23 23:49 | 選挙

九小を訪問しました

 永田市議、村山市議とともに市立第九小学校を訪問しました。
 東久留米の子どもたちの教育を充実させるためには、教育内容だけでなくしっかりした環境を整えることが必要不可欠です。私も共産党市議団の二人とともに九小を視察し、施設の状況などを見学しました。

 九小は平成16年に改修を行っており、市内の小学校のなかでは比較的新しいのですが、それでも一部補修をすべき箇所がありました。校舎横の金属製の非常階段の一部が錆び、穴が開いているとのことでした。私たちが見に行った時にはすでに鉄板で補修がされていましたが、非常階段は緊急時に必要になる施設。安全に使いたいものです。
 九小は市内で唯一、理科室にエアコンがある小学校です。市内の小学校のエアコン設置状況を見てみると、図書室・音楽室・コンピュータ室・視聴覚室へのエアコン設置は進んでいますが、それ以外の特別教室への設置はまだまだ進んでいません。また、九小では都の補助金を利用し、トイレの洋式化も進めているとのことです。公立学校の特別教室へのエアコン設置とトイレの洋式化を求めていきます。

 九小では今年、給食に異物が混入する騒ぎがありました。調理段階ではなく、小分け段階での混入と思われるとのことでした。その後は再発防止に努めており、今は出ていないようです。

 今回九小を訪問し、学校の今の姿を見ることができました。私も教育について改めて考える機会になりました。

b0372433_23483633.jpg
洋式化前のトイレ(許可を得て撮影しています)


[PR]
# by kitamuraryuta | 2017-12-09 00:04 | 活動日誌

桜木よしお事務所開きに参加

●桜木よしおさんの事務所開きで
 11月25日、東久留米市長選(12月17日告示、24日投開票)に挑戦する桜木よしおさんの事務所開きが市内でありました。桜木さんは市議を9期務めてきた大ベテランの政治家です。市民の方々、社民党、共産党の代表や議員がそれぞれ全力を尽くす決意をのべました。桜木さんも「立候補を決意したからには勝ちたい」と表明。その方を前に30歳の私もスピーチさせていただく機会をいただきました。緊張しながらでしたからうまくお話しできませんでしたが、精いっぱい語りました。その要旨を紹介します。

b0372433_21201914.jpg
桜木よしおさん(左)


《私のひとことスピーチ》
 市長選挙と同時におこなわれる市議会議員補欠選挙に挑戦する日本共産党の北村りゅうたと申します。よろしくお願いいたします。
 桜木さんは9期34年間、東久留米市議会議員を務めてこられました。私はいま30歳です。桜木さんは、私が生まれる前から市議会議員を続けてこられたわけです。大ベテラン、大先輩です。(「そうだなあ」の声)
 桜木さんは、いろんな市長を見てこられたと思います。いい市長も、そうでない市長も…。桜木さんはいちばんいい市長になるように、私も協力します。ベテランの力と若い力、2つの力でがんばっていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願い致いたします。

b0372433_21400882.jpg
b0372433_21410069.jpg
宮本徹衆院議員、原のり子都議もあいさつ

b0372433_21195956.jpg
最後はともにがんばろうと手を取り合いました



[PR]
# by kitamuraryuta | 2017-11-28 21:46 | 選挙

財政健全経営計画(実行プラン)について

 東久留米市は8月、財政健全計画 [実行プラン] を改定しました。これは2015年に第4次長期総合計画後期基本計画と併せて並木市長によって策定された行財政改革で、今回が2回目の改定になります。市の説明では計画の目的は「本市が依然厳しい財政状況にあって、将来に渡り持続可能な市政運営を行うため」とされていますが、その実態は大半が市民への負担を強いるものになっています。

 計画の対象となる事業は50項目あり、そのうち財政効果額が予測可能なものは17項目あります。これらをすべて合計すると5年間で計11億856.2万円の財政支出の抑制になるとしています。しかしその内訳は、「保育料の適正化(値上げ)」が2億5152.1万円、「学童保育所使用料の正化(値上げ)」が7823.3万円、「各種手当の適正化(実態はサービス削減)」が7345.6万円など、計7項目、額にして7億5662.2万円と、効果額全体の約7割が市民負担増と福祉削減となっています。家庭ごみの有料化もこの計画の項目のひとつとされており、2億7600.0万円の負担増になります。

 また「民間活力の導入による行政サービスの維持向上」も掲げられていますが、中身は公立保育園の民間化(全廃計画)や、市立図書館の指定管理者制度導入など、行政としての責任を投げ捨てるものにほかなりません。

 2016年度の東久留米市の決算状況では、財政調整基金の残高は約43.5億円となっています。財政調整基金は災害などいざという時の備えとしての役割もあるため、ある程度の額が必要ではあります。しかし、その基金残高は増加を続け、2016年度には過去最高額になっています。本計画によって必要以上に支出を削った結果、市民の生活が圧迫されるようでは本末転倒です。財政健全経営計画 [実行プラン] の見直しを求めていきます。


[PR]
# by kitamuraryuta | 2017-11-24 23:20 | 政策